ダイエット成功の秘訣。 安全・確実・健康的に痩せる正しいダイエットの方法を紹介致します。
| お問い合せ |
 更新:2006/08/08

サプリメントについて

《サプリメントは必要か?》

ダイエットするのにサプリメントやダイエットサポート食品を摂ることは必要なのでしょうか? 結論から申し上げますと、サプリメントやダイエットサポート食品を摂らなくてもダイエットは出来ます。 ダイエットする上で、サプリメントやダイエットサポート食品は不可欠な要件ではありません。

「ダイエットのための食事献立の作り方」で述べた6種類の食品群から、食品をバランス良く摂取し、かつ総カロリーが1,200kcalを超えていれば、人体に必要な栄養素が不足することはまずない、と言われています。

しかし、忙しい現代社会にあっては、外食が多かったり不規則な生活が多くなったりと、摂取する栄養素に偏りが出やすいのも事実でしょう。 「国民栄養調査」によると、脂肪の摂取量が必要量を超えているのに対し、カルシウムの摂取量は必要量に満たないという報告になっています。

また、最近の野菜は、昔と比べて、農法が変わって来たこと、流通も変化して来たことなどにより、含まれるビタミンなどの栄養素の量が昔の半分以下に、大幅に減少しているという報告もあります。 さらに、加工食品を多用することでミネラルの潜在的不足も懸念されます。

このような状況を考えると、不足しがちなビタミン、ミネラルなどをサプリメントで補うことも意義があるかも知れません。

また、最近では、糖分や脂肪分の人体への吸収率を低下させる食品、体脂肪の燃焼を助ける食品、ダイエット中の空腹感を和らげるための低カロリーの間食用食品など、ダイエットをサポートする食品も登場して来ています。

市場に出回るこれらのサプリメントやダイエットサポート食品の数は膨大であり、中には成分の含有量が表示量に満たないものや、人体に害を及ぼす成分が含まれた商品なども出回っており、どれが安心して摂取できる商品なのか、見極めるのが大切になっています。


《サプリメント選びのポイント(その1)》

1. 値段で選ばない

「安いからこれにしておこう」、または「高いからきっと効果がありそうだ」というのが一番危険な判断基準です。

本物のサプリメントを製造するには、それなりの研究費や開発費がかかります。当然、価格は標準よりも高いものになります。 しかし、中には「高いからきっと効果がありそうだ」と考える人を狙って、不当に高い値段をつける業者がいるのも事実です。 ですから、サプリメントを選ぶ時の判断基準として価格は置いておいてください。

しかし、サプリメントは基本的には食事と同じように長期間続けて摂取するものですから、毎月無理なく続けられる価格帯であることは重要な要素です。

2. 効果および安全性が科学的に立証されているものを選ぶ

薬は新薬として世に出るまで、多くの臨床実験が行なわれ、効果と安全性について確認がなされますが、サプリメントにはそういう法的義務はありません。 しかし、薬と同様に、臨床実験によって効果と安全性を科学的に確認している会社もあります。そのような会社の製品を選ぶようにしましょう。

3. 有効成分の含有量が保証されているものを選ぶ

サプリメントの多くは自然の植物を原材料としていますので、収穫した季節や収穫地、樹木なら樹齢、植物の名前は同じでも、含まれる有効成分の量は違ってきます。 このため、品質管理が徹底していない会社の製品では、春に購入したものと秋に購入したものとで、有効成分の含有量が大きく違うということが良くあるそうです。

品質管理が徹底した会社のものを選ぶと良いでしょう。

4. 有毒物質が除去されているものを選ぶ

通常、サプリメントは原材料となる植物を煮詰めるなど圧縮して製品化されます。従って、栽培農場で農薬を使用している場合、その残留物が圧縮されてサプリメントの中に入ってしまいます。

品質管理がしっかりした会社の製品で、重金属、残留農薬、有害物質が除去されている製品を選びましょう。

5. 安定的に入手できるものを選ぶ

サプリメントは基本的には食事と同じように毎日長期間にわたって摂取するものですから、長期にわたって安定的に入手可能な会社の製品を選びましょう。


《サプリメント選びのポイント(その2)・・・ ラベル表示を手がかりにする》

サプリメントのラベル表示は、食品衛生法やJAS法などで定められていますので、ラベルの表示を一つの手がかりにすると良いでしょう。

1. マーク

「特定保健用食品」(いわゆる「特保」)や「栄養機能食品」の表示がされている製品や、JHFA((財)日本健康・栄養食品協会)の認定マークが付いた製品があります。

「特定保健用食品」(いわゆる「特保」)

「特定保健用食品」とは、生活習慣病の予防に役立つように工夫された食品で、国によってその有効性が認められた物。製品ごとに審査されて許可が与えられますので、安心できるでしょう。必ず、許可マークが付いています。


「栄養機能食品」

「栄養機能食品」とは、ビタミンとミネラルの不足を補うための食品で、製品に含まれる栄養成分が国が定めた規格・基準を満たしていれば、国の審査なしで「栄養機能食品」と表示できます。

JHFA((財)日本健康・栄養食品協会)の認定マークがついた製品

JHFA((財)日本健康・栄養食品協会)の認定マークがついた製品は、有効成分が基準どおり含まれているか、有害物質が入っていないか、協会による品質チェックが行なわれた製品です。


2. 成分表示

成分表示は任意となっていますので、成分が書かれていない製品もありますが、内容成分とその含有量が明記されている製品を選びましょう。

3.原材料名

使用されている原材料が添加物も含めて記載されます。 例えば、アセロラと記載があれば、アセロラそのものが使われ、アセロラ抽出(ビタミンC)と書かれてあれば、アセロラから抽出したビタミンCということになり、共に天然のものになります。 単に、ビタミンCと書かれてあれば、天然の物か合成の物かは判断できません。

4.お召し上がり方

ラベルに記載されている1日の摂取量を守るようにしましょう。

5.ご利用の注意

「妊娠中の方は・・・」「食物アレルギーのある方は・・・」「病気治療中の方は・・・」など、大変大切な摂取するときの注意事項が書かれています。原材料によっては、薬と同時に取ると副作用が起きる成分もありますので、必ず注意書きは守るようにしましょう。

6.お問合せ先

必ず、お問合せ先が記載されている製品を選びましょう。

7.品質保持期限

通常は、未開封の状態で1年間は品質保持期限があります。数年間も品質保持期限があるような製品は、その間、成分を安定させるための物質が多く配合されている可能性が高いので、あまり品質保持期限の長い製品は考え物です。


《商品の種類》

1.不足する栄養素の補給

ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、食物繊維、プロテインなどの栄養素の不足を補うもの。  ビタミンやミネラルは栄養素同士のバランスも必要ですので、マルチ・ビタミン、マルチ・ミネラルという形で取りたいものです。

なお、ミネラルは食物繊維と一緒に摂ると、食物繊維がミネラルを包み込んで排出してしまうという説があります(「サプリメントBook」(西崎統監修、新星出版)27頁)ので、一緒に摂らないように注意して下さい。

また、ビタミンCとミネラルの一種であるクロムを一緒に摂ると、ビタミンCの働きにより、クロムが体外へ排出されてしまうので、サプリメントとして両者を摂るときは、別々に摂る必要があるとのことです。(「サプリメントBook」(西崎統監修、新星出版)27頁)。

ビタミン、ミネラルの働きについては、「ビタミン」「ミネラル、食物繊維」の項を参照して下さい。

2.ダイエット・サプリメント

ダイエット・サプリメントの「成分」に関する以下の記述は、「サプリメント事典」(蒲原聖可著、平凡社発行)、およびDHC社の「健康食品総合カタログ」などから引用し、編集しています。

(1)食事で摂った糖質や脂肪の燃焼効率をアップさせ、体脂肪へ変換される分を少なくさせる成分

コエンザイムQ10+アルファ・リポ酸+L-カルニチン

食事で摂った糖質や脂肪のうち、エネルギーとして燃焼されずに余った栄養分は、体脂肪として蓄えられる。 食事で摂った糖質は消化吸収されて細胞まで運ばれ、そこでアルファー・リポ酸によって燃焼されやすい形に変えられた後、細胞内のミトコンドリアで、コエンザイムQ10の助けによってエネルギーに変えられる。また、同様に、食事で摂った脂肪は消化吸収されて細胞まで運ばれ、そこでL-カルニチンによって燃焼されやすい形に変えられた後、細胞内のミトコンドリアで、コエンザイムQ10の助けによってエネルギーに変えられる。

この様に、食事で摂った糖質や脂肪が燃焼するには、コエンザイムQ10とアルファ・リポ酸並びにL-カルニチンの存在が不可欠である。これらはいずれも体内で合成されるが、その量は20代をピークとして減少して行くため、エネルギーとして消費されずに余る量が加齢とともに増え、体脂肪に変換される分も加齢とともに増えることになる。

従って、加齢とともに不足する分を補うことにより、食事で摂った糖質や脂肪の燃焼効率をアップさせ、体脂肪へ変換される分を少なくさせることが出来る。

(2)糖の吸収を抑制する成分

白いんげん豆抽出物(商品名=ファビノール、ファセオラミン)

白インゲン豆の特有成分は糖質(炭水化物)の消化酵素アルファ・アミラーゼの働きを抑制し、摂取した糖質がブドウ糖に分解されるのを抑制する。分解されなかった糖質は吸収されずに身体から排出される。

桑の葉エキス

ハーブ系サプリメント。桑の葉エキスは糖質の消化酵素アルファ・グルコシダーゼの働きを抑制し、摂取した糖質がブドウ糖に分解されるのを抑制する。分解されなかった糖質は吸収されずに身体から排出される。

ギムネマ

ギムネマとは、「ギムネマ・シルベスタ」というインド原産の多年草で、インドの伝統医療、アーユルヴェーダに由来するハーブ。ギムネマの有効成分、ギムネマ酸は、摂取した糖質の消化・吸収を遅らせ、食後の過血糖を抑制する。

(3)脂肪の吸収を抑制する成分

キトサン

チン・キトサンは、カニの甲羅やエビの殻に存在する多糖類の一種で、人間の消化酵素で消化されないので、動物性の食物繊維と言える。キトサンは、食べた食物の脂肪分を吸着し体外に排出してくれるので、体内への脂肪吸収を減らし、減量効果が期待される。このほか、悪玉コレステロールの低下や動脈硬化の予防効果もあるとされている。カニやエビなど甲殻類の食品にアレルギーがある人は、念のため使用を避けるのが良い。

(4)体脂肪の合成を抑制する成分

ガルシニア

ガルシニアは、東南アジアから南アジアに自生する、ガルシニア・カンボジアと言う柑橘類に由来するハーブ系のサプリメント。ガルシニアの果皮に含まれるHCA(ヒドロキシクエン酸)は、脂肪の合成を抑制し、肥満を予防する働きがある。また、空腹感を抑え、食欲を調節することで減量を促す効果もあると言われる。

(5)運動との併用で体脂肪を減らす成分

シトラス・アランチウム

シトラス・アランチウムとは、ミカン科の「橙(ダイダイ)」の学名であり、ハーブ系のサプリメントである。交感神経の働きを亢進させる作用があるので、有酸素運動との併用により体脂肪を効率良く減らす効果があり、蓄えられた脂肪を分解するのを助ける。空腹中枢を抑える働きもある。 アメリカでは、安全で即効性の高いダイエットサプリメントとして人気がある。なお、交換神経系を高める働きのある他のサプリメントなどとの併用やカフェインとの併用は避けた方が良い。また、医薬品を服用中の人は主治医と相談の上使用する。

フォルスコリン

インド原産のシソ科の植物「コレウス・フォレスコリ」に由来するハーブ系のサプリメント。除脂肪体重(LBM)を減らさずに体脂肪を減らす。交換神経系賦活作用があり、同じ作用を持つダイエット・サプリメントとの併用は避ける。日本人の3人に1人は脂肪細胞をコントロールする脳からの信号をキャッチするベーター3アドレナリン受容体に遺伝子異常を持つと言われているが、フォルスコリンはベーター3アドレナリン受容体を介さずに、脂肪細胞に直接働きかけるので、日本人の体質に向いていると言えよう。イライラを静めて気持ちをリラックスさせる働きもあり、ダイエットを続けやすい環境を作るとも言われている。お腹がゆるくなることもある。

マテ

マテ(イエルバ・マテ)は、南米原産のモチノキ科の植物で、ハーブ系のサプリメントである。エネルギー消費を増大させる作用があり、抗肥満効果が注目されている。成分のマテインはカフェインに似たアルカロイド類で、余分な脂肪の分解を助ける。食欲を抑える働きもあると言われ、つい食べ過ぎてしまう人におすすめ。

カルニチン

脂肪が燃焼するには、L-カルニチンが不可欠。運動時に摂取することで体脂肪を効率良く減らす効果がある。肉類に多く含まれる他、体内でもアミノ酸から合成されるが、20代をピークにその生産量は減ってしまう。年齢を重ねるほど太りやすくなるのも、この影響が考えられる。

分岐鎖アミノ酸(BCAA)

人の体の16〜20%を占めるタンパク質は、20種類のアミノ酸から構成されている。このうち、11種類のアミノ酸は人体内で合成されるが、残りの9種類は体内で合成する事が出来ない。これを必須アミノ酸と呼び、食事から摂取する必要がある。20種類のアミノ酸はそれぞれ異なった働きを持っている。バリン、ロイシン、イソロイシンの3つの必須アミノ酸は、特に分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれ、筋肉繊維を構成するタンパク質の主成分であり、筋肉量の維持や筋肉の増強に効果があり、ダイエット目的にも利用される。

(6)食事制限によるストレスを緩和する成分

テアニン

テアニンとは、緑茶のうまみや甘味の成分であり、興奮を鎮め緊張をやわらげるリラクセーション効果を持つ。緑茶には、中枢神経系を刺激して覚醒作用や興奮作用を示すカフェインも含まれているため、テアニンだけを効率良く摂る方法として、サプリメントという選択肢がある。

(7)下半身のむくみを取る成分

メリロート

メリロートはスウィートクローバーとも言い、ヨーロッパから中央アジア原産のマメ科のハーブ。日本人女性の下半身が太めなのは、むくみが大きな原因と言われます。メリロートはリンパ系および静脈循環系の流れを改善し、下半身のむくみを取る効果がある。ただし、脂肪の吸収や合成を抑制したり、体脂肪を減らしたりする作用は認められていない。

(8)運動するときに摂りたい成分

(運動によって発生する活性酸素を抑える成分)

ビタミンC、ビタミンE

コエンザイムQ10:細胞や組織のエネルギーを生み出す時に必須の成分。強力な抗酸化作用も持つ。コエンザイムQ10は体内に広く分布し、特に、エネルギー代謝が盛んな心筋や骨格筋、肝臓や腎臓などに多く存在する。食物から摂取できるほか、体内でも生産されるが、その生産量は加齢とともに減少する。

(筋肉を強化する成分)

分岐鎖アミノ酸(BCAA)

(運動で発生する疲労物質、乳酸を代謝させる成分)

クエン酸(マルチビタミン、マルチミネラルが必要になるので、これらとの併用が必要)

(運動能力を高める成分)

エゾウコギ:エゾウコギは、シベリアから中国の黒龍江省にかけて自生する高麗人参と同じウコギ科のハーブである。強壮や強精、疲労回復に高麗人参以上の効果があるとされ、スタミナ回復や免疫力アップの目的で利用される。

(関節を保護する成分)

グルコサミン:グルコサミンは、関節の軟骨を構成する成分の一種で、変形性関節症や関節炎などにおいて関節軟骨を修復する作用を持ち、関節の滑らかな動きを保つ役割を果たす。コンドロイチンと併用されることも多い。

コンドロイチン:コンドロイチンは、関節軟骨や結合組織の構成成分であり、変形性関節症や関節炎に伴う症状の予防や改善に効果がある。グルコサミンと併用されることも多い。

メチル・スルフォニル・メタン(MSM):メチル・スルフォニル・メタン(MSM)は、植物に由来する有機硫黄化合物の一種であり、アミノ酸やタンパク質、コラーゲンの合成を助け、軟骨成分を補い、関節内にたまる乳酸などの炎症原因を取り除くなど、つらい節々の痛みを和らげるとされている。もともと体内に存在するが、激しいスポーツや加齢などで減少してしまう。食品からは摂りにくく、不足しがちな成分である。

(9)便秘解消に役立つ成分

便秘は、大腸にポリープや炎症などの病気があって生じる「器質性便秘」と、腸の働きが低下するために生じる「機能性便秘」に分けられます。一般に、便秘の多くは機能性便秘であり、特に女性や高齢者に見られます。

便秘の原因として、食物繊維の摂取不足、不規則な食事時間、ストレスによる自律神経異常、運動不足による腸のリズムの不調などがあげられます。いずれも、ライフスタイルの見直しによって改善が期待できます。医薬品を用いることもあります。

改善するには、食事と運動を見直します。その上で、サプリメントを補助的に利用しましょう。

食物繊維

食物繊維とは、人の消化酵素で消化されない、食品中の難消化性成分の総称と定義せれている。食物繊維には、海藻類やこんにゃくなどに含まれる「水溶性」のものと、野菜や穀類に含まれる「不溶性」のものがあり、水溶性の食物繊維は腸内細菌叢の改善、コレステロール抑制、便秘予防などの働きがあり、不溶性の食物繊維は吸水力が強く、便の量を増やしたり、腸を刺激して動きを活発にするので、便秘の解消に役立つ。

乳酸菌

人の腸内には約100種類100兆個以上の菌が存在する。人の身体に良い作用を持つものを「善玉菌」、好ましくない作用を持つものを「悪玉菌」と呼ぶ。腸内細菌叢のバランスが崩れ、悪玉菌が増えると体調不良を生じる。善玉菌の代表が乳酸菌であり、ビフィズス菌やアシドフィルス菌が代表的。通常、ビフィズス菌は小腸に、アシドフィルス菌は大腸に存在する。オリゴ糖は乳酸菌の栄養源となる。腸内細菌の20%ほどを占める乳酸菌は、加齢とともに減少し、ウェルシュ菌などの悪玉菌が増える傾向にある。そこで、ビフィズス菌などの善玉菌を摂ることで、腸内環境を適切に保つことが重要となる。乳酸菌に期待される効果は、下痢の予防や治療効果、腸の蠕動運動の調整効果、腸内細菌叢のバランス調整、有害菌の増殖抑制作用、免疫賦活作用などがある。

オリーブエキス

オリーブの果実には、天然のビタミンEをはじめとする抗酸化物質やミネラルのほか、良質の食物繊維が含まれており、腸内の老廃物除去に役立つ。

青汁

青汁とは、緑黄色野菜を中心とした葉野菜の搾り汁を主成分とするものであり、原材料としては、キャベツやブロッコリーの原種であるケールが良く知られている。その他、大麦(大麦若葉)、モロヘイヤ、明日葉、苦瓜(ゴーヤー)などを利用したものもある。また、豆乳や野菜ジュースと合わせた製品もある。抗酸化作用による生活習慣病の予防と改善、脂質代謝改善作用、免疫賦活作用、便通改善作用などが期待される。

アロエ

胃粘膜保護作用や便通改善作用がある。


<免責事項>

当サイトおよび関連するページに掲載されている情報の利用は
ご自身で内容を良く吟味された上で、ご自身のご判断と責任で
ご利用下さいますようお願い致します。

利用によって生じた損害などの一切の責任は負いかねますので
ご承知おき下さい。



【リンク】

《ダイエット基本情報》

「いわゆる健康食品」による健康被害事例や、とかく問題の多い「中国製ダイエット用健康食品等」についての健康被害事例などが掲載されています。

いわゆる「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品による健康被害事例を紹介しています。

独立行政法人「国立健康・栄養研究所」が健康食品の安全性・有効性についての情報を発信しています。

厚生労働省からの委託を受け、健康・体力づくり事業財団が運営するサイトです。ダイエット情報だけでなく、健康作り・体力作りに役立つ情報を発信しています。

《ダイエット関連サイト》

ダイエットに関連しているサイトのみを厳選したリンク集です

ご自身の体験から、摂食障害にならない為の正しいダイエット法を紹介しています。

きれいにダイエットでは管理人のダイエット経験や健康を考えながらきれいに痩せるダイエット法を紹介しています。

健康的なダイエットを目指す貴女に、オススメのダイエットグッズをご紹介しています。

ダイエット食品体験談と簡単エクササイズなどダイエット情報発信サイトです。

ダイエットとエステ、美容関連のサイトを集めた検索エンジンです。いろんな情報が検索できます。

一人だと くじけて しまいそうな ダイエットですが… みんなで 励ましあいながら ダイエットを 楽しんじゃいましょう!! (^-^)ノ゙・・・とゆう、ダイエットする人のための ダイエット支援コミュニティサイトです。

「ずっときれい☆ダイエット」は、ダイエット情報を中心にきれいになるための美容・健康情報を紹介しています。

「簡単ダイエットはお助け委員会」は、健康的な簡単ダイエットを紹介しています。

リバウンドしないためのアドバイス・おすすめダイエット法などを紹介しています。

やせたい!でも、おいしく食べたい!っていうあなたのためのお料理レシピ集です。

ダイエット成功のための料理レシピ作成のコツをご紹介しています。


ページのトップへ戻る

17 dummydummy dummy dummy